早期教育のメリットとデメリット

早期教育のメリットとデメリット

早期教育のメリットとは

幼児教室に通わせることのメリットについては、実際によく耳にする効果そのものだと思います。 人間の脳は3歳までにおおよそ8割まで、6歳までにはなんと9割が完成するそうです。 幼児期にさまざまな良い刺激を与えることが脳の発達を促します。 ですから、教育は早ければ早い方が良いと考えられます。

早期教育のデメリットとは

幼児期からの早い教育が推奨される一方、マイナス面についてはどうでしょうか? 早期教育のメリットが多々あるのは確かです。 しかし魅力的な言葉だけを信じて決めてしまうのではなく、デメリットについてもよく考慮したたうえで、教育を始めることをおすすめします。

まず考えたいこと

早ければ0歳から始める「早期教育」ですが、今や主流になりつつあります。
実際に早期教育を行うかは別として、子どものために、と一度は検討する親御さんが非常に多いのが現状なようです。
近年日本で問題視されている「少子化」という社会の中、子どもが減少する一方で、反比例するように早期教育産業は成長し続けています。
晩婚化や経済的な理由など様々な事情から一人っ子も増えています。
少ない子どもを大事に育てるという最近の国内の風潮に、様々な企業がビジネスチャンスとして早期教育産業に乗り出しているのです。

では幼児教育を早くにスタートさせることって、本当に子どものために良いことなのでしょうか?
IQが高くなる、考える力が身につく、自立心が育つなど、様々なメリットが謳われています。
実際のところはどうなのでしょうか?
もちろん、上記のようなメリットはあるのが間違いではないのでしょう。
しかし、本当にそのようなメリットばかりなのでしょうか?
子どもにはどのような影響があるのでしょうか?

多種多様な幼児教室が存在し、早期教育が可能な環境が整備されているというのは、子どもにとって選択肢が広がるという意味でとても良いことだと思います。
しかし、ただ「周りに影響されて」、「とりあえず」、「勧められるがまま」早期教育を始めるのではなく、メリットやデメリットを十分に理解したうえで検討することは大切です。
ご家族でじっくり検討して、お子様の将来を考えてあげてくださいね。

幼児に勉強は必要?

経済的に少しでも余裕があれば、子どもの可能性を広げて、能力を伸ばしてあげたいと考えるでしょう。 さらに余裕のあるご家庭であれば、できるだけ多くの幼児教育をさせようと考えるかもしれません。 しかし、手当たり次第に色々なところに通わせるのでは、子どものためにならない場合もあります。